ファイル送信とサービス|windowsが起動しないならココ|パソコンのお医者さん

windowsが起動しないならココ|パソコンのお医者さん

男の人

ファイル送信とサービス

微笑む男性

データ送信をする場合、多くのケースではメールの添付機能が用いられる。しかし、メールの添付機能では数メガバイトなど、ファイルサイズの大きさに制限がかかっていることが多く、大きなファイルのデータ送信を行なえないことが一般的である。しかし、企業の業務などにおいては、社内の他部署のメンバや顧客などに大きなサイズのデータ送信を行いたいケースも出てくる。このような場合には、USBメモリなどに格納し社内便や郵送で渡す方法などもあるが、その場合には相手に渡すまでに時間がかかってしまう。パソコン上でデータ送信したい場合には、これらの大容量のサイズのデータ送信が行えるサービスを活用することで解決できることがある。

データ送信を行えるサービスでは、メールでファイルを添付するのと同じ感覚で大きなファイルを相手に送信することができる。これらのサービスでは、通常のメールでは送信することができない数百メガのデータなど大容量のファイルを送信できる。サービスによっては無料で利用できるものや、送信したいファイルサイズなどにより料金が発生するサービスなど様々である。これらのファイル送信サービスを活用する場合、最重視すべきこととしてセキュリティ対策がある。暗号化技術を活用し、送受信できるサービスなどを活用することが基本となる。企業が授受するデータでは機密情報が含まれることもあるため、暗号化され第三者に傍受されない形式で送る必要がある。