windowsが起動しないならココ|パソコンのお医者さん

婦人

パソコンが開けない

PC操作

起動してくれない時の対策

パソコンを使おうと起動ボタンをおしても、windowsが起動しないなんてトラブルがあるでしょう。そんなときに知っておくポイントはまずは、パソコン自体の電源が入るかどうかを確認します。windows自体に問題があり起動しないのか、ハードウェアに問題があり起動しないのかを確認し、電源が入らない場合はほとんどの場合がハードウェアが原因です。パソコンの電源が入ったらBIOS(メーカーのロゴ)画面が映り、黒い画面になり、windowsの画面が映ってからwindowsのという流れになりますが、そのどこかの段階で止まってしまうかを確認します。BIOS画面まで表示される状態では、ブート順というコンピューターの時刻やハードウェア設定などを変更できる機能で、このブート順の設定を直すことで起動を試みます。

他の原因解決

赤や青色の画面が出ている場合はエラー画面と言って、ハードウェアやwindowsに重大な問題が発生している可能性があり、その画面のメッセージが解決の糸口になる可能性があるのでメモを取りましょう。さらにはセーブモードという最低限のキーボードやマウス、グラフィックなどが使用できるモードを使い、完全にwindows自体が起動しないのかを判断することができます。そのほかにもブーストセレクターという起動設定の書かれているデータ領域が壊れてしまっている場合があり、windowsのインストールメディアのディスクを使用すればブーストセレクターを直すことができます。パソコン内の設定をいじってしまって、起動に支障をきたしたり、ウイルスによる原因もあります。企業で使用するパソコンには、顧客データや会社の重要なデータが入っています。突然起動しなくなった時に対応できるように、日頃からメンテナンスを行なうことが大切です。

微笑む男性

ファイル送信とサービス

メールを利用してファイルを送る場合、送信できるファイルサイズには制限がある。そのような場合、大容量のデータ送信を行えるサービス利用が最適である。これらの利用においては、暗号化対策がされているものなどを利用する必要がある。

ファイル

ファイル送信の立役者

大きなファイルを授受したい場合、メールでの送信ができないことがある。このような場合には、ファイル転送サービス活用が効果的である。ファイル転送サービスでは、業者のサーバーを介してファイル授受する仕組みとなっている。

ウーマン

データを失ってしまったら

パソコンやサーバーが故障をしてしまったり、大事なデータを消失してしまったりしたら、データ復元をする必要が出てきます。その際には、データ復元を専門的に行っている業者に依頼して、以前の状態に戻してもらいましょう。